米Sf市との姉妹都市解消が『議会の妨害で頓挫寸前になる』最悪の情勢に。議長は市長に翻意を促す








 

大阪市の姉妹都市、

米サンフランシスコ市が

検討している慰安婦像と碑の

公共物化への対応をめぐり、

吉村洋文市長と市議会に

温度差が生じている。 






公共物化されれば姉妹都市提携は

解消と明言する吉村市長を、

市議会の山下昌彦議長は

「市議会には市議会の議論がある

と牽制(けんせい)。

吉村市長の就任以来、

続いてきた市議会との協調路線に

“黄信号”

がともっている。 

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

コメント

  1. HNS より:

    慰安婦問題は国の問題などと寝言言ってるから世界中に広がっていくんだろうが、末端から反対運動しないで誰がやるんだろうね。こんな市議会議長は罷免すればいいじゃないですか。

  2. あい より:

    今日、昨日の話しじゃ無いんだから
    反対してる今の市議でサンフランシスコ慰安婦像問題を解決出来るならさっさとしろって。