中韓の新3合意を『韓国が即座に破り捨てる』最悪のフラグが進行中、遵守する気は全然ない模様








 

1.THAADの追加配備はしない
現政府で進められる可能性は低い
北朝鮮の脅威強まるほど圧力も大きくなる見込み

2.米国のMDには参加しない
韓国型ミサイル防御の構築を表明
韓米情報共有、MD参加に繋がる恐れも

3.韓米日軍事同盟には発展させない
国民感情から日本との軍事同盟は困難
日米、中国牽制への協力を圧迫する可能性も

最近の韓中関係復元の合意は、

韓国がTHAAD(高高度防衛ミサイル)の

追加配備を行わず

▽米国のミサイル防衛(MD)に参加せず

▽韓日米3カ国の軍事同盟にさせない

 

という、いわゆる「3NO」を表明し

中国の安保憂慮を払拭させる形で行われた。

しかし、朝鮮半島周辺の環境や各局の

利害関係によって状況が変化する可能性も

あり、政府の「3NO」の約束がどこに

向かっていくかを速断するのは難しい。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★