天皇陛下との会見を語ったドゥテルテ氏の言葉がやばい 帰国後会見にて








 

「恐れ多くて言葉が出ないかも

 しれません。神のような存在として

 尊敬いたします。なんと申し上げようか…。

 『敬愛なる陛下、このように直接お会い

 できることは人生で最上の喜びです』とか…」

ところがインタビューの2日後に

予定されていた会見は、当日朝に三笠宮さまが

薨去(こうきょ)され、取りやめとなった。

滞在先のホテルで宮内庁側から中止と

なったことを伝えられたドゥテルテ氏は

「いつか陛下とお会いする機会があると

 確信しています」

と話し、哀悼の意を表したという。

次のチャンスは今年の上半期に訪れかけた。

ドゥテルテ氏の2度目の来日日程が

6月初旬に組まれた。

しかし、このときはフィリピン南部

ミンダナオの治安情勢が悪化し、

ドゥテルテ氏はその対応のため来日自体を

取りやめた。

それから約5カ月。

10月25日、菅義偉官房長官は定例の

記者会見で、ドゥテルテ氏が29日から

3日間の日程で来日し、安倍晋三首相と

首脳会談を行うと発表した。

しかし、天皇陛下がご会見になるかを

記者から問われた菅氏は、意外な答えを口にした。 

「今回はない、ということです」

ドゥテルテ氏はまたも願いがかなわず、

さぞかし残念だろう-。

菅長官の言葉を聞き、そう考えたのだが、

翌26日、一転して宮内庁が天皇、皇后両陛下が

ドゥテルテ氏とパートナーの

アバンセーニャさんと会見されると発表した。

外務省の担当者に聞いても

「官房長官の記者会見の時点ではまだ

 決まっていなかったということで…」

という回答で、1日の間に政府内で具体的に

どのような調整がされたのかは不明だ。

しかし、いずれにせよ、ドゥテルテ氏が

待ち焦がれた機会が訪れた。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

コメント

  1. まるこ より:

    せっかく素敵な記事なのに、『次のぺージへ』が多くて イライラしてくる。
    せめて2、3回にならないのかな。