平昌五輪の運営で『外国人選手が露骨に不利な対応を受け』国際連盟が激怒。韓国側は意味不明な対応を宣言








 

2018年の平昌冬季五輪で

ボブスレー・スケルトン・リュージュの

試合が行われる平昌アルペンシア・

スライディング・センター。

同センターでは9日、世界29カ国から来た

リュージュの選手約270人が汗を流した。

国際リュージュ連盟の規定に基づき、

五輪出場選手が平昌のトラックに適応

できるよう競技場を公開する

「国際練習週間」

が行われたのだ。 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★