『韓国政府は米国人を馬鹿にしているのか』と米国務省高官が激昂。文在寅に堪忍袋の緒が切れる








 

もちろん韓国が日本と同盟を結ぶべき

理由など最初からない。

しかし韓半島有事の際、韓国を支援する

米軍部隊の多くは日本を拠点としており、

また逆に日本に米軍が駐留している理由

は韓国を支援するためと言っても過言

ではない。

また日本は潜水艦の監視などでは韓国

よりも優れた技術を保有しており、

だからこそ韓日情報保護協定が締結

されたのだ。

ところが韓国政府は日本との軍事協力

にはあくまで消極的だ。

このままだと韓国の安全保障政策に

問題が生じないのだろうか。 

韓国政府は中国を意識して三不政策を

公表したが、そもそもこれ自体があまり

にも戦略不在であり、しかも主権を放棄

し、外交政策に自ら足かせをかける

アマチュア的な行動だった。

当然米国もあからさまに不満を表明して

いる。

駐韓米国大使に就任する可能性が高い

ジョージタウン大学のビクター・チャ教授

「一国の安全保障政策において、将来の

 選択肢の1つとなり得るオプションを

 最初から排除することは国益にプラス

 にならない」

と指摘しており、またかつて米国務省で

韓国課長を務めた人物も

「(韓国政府は)韓国人と米国人をばか

 にしているのか」

とまで言って激高した。

トランプ大統領来韓の際に発表された

韓米共同発表文には

「アジア太平洋」

という言葉ではなく

「インド・太平洋」

という言葉が使われたが、後に韓国政府

がこれを認めないとしたことも

アマチュア的だった。

同意しないのなら当然協議の時点で

取り上げるべきではなかった。

ところがトランプ大統領がソウルを出発

すると同時に韓国政府は違うことを

言い出し、それも外交担当者ではなく

経済政策の補佐官が口にした。

ここまでずさんな外交政策があっても

よいものだろうか。 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★