アメリカ中で慰安婦の真相が書かれた週刊誌が発売され大騒ぎ 現実を知った韓国が大発○中








 

「慰安婦募集は民間のブローカーが

 行った」、

「日本政府は不法ブローカーを

 取り締まった」、

「性奴隷は存在せず、職業的な娼婦の

 収入は将軍の月給を凌いだ」

日本の狂信的極右派らが米国で展開する

歴史歪曲の広告戦が佳境に入った。

ニュージャージーの有力紙、Star Ledger

に去る4日に全面で掲載されたこの広告は、

一言で

「日本軍慰安婦は自発的な娼婦で、

 日本政府は民間ブローカーの不法を

 逆に取り締まっていた」

と主張している…

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★