アメリカ中で慰安婦の真相が書かれた週刊誌が発売され大騒ぎ 現実を知った韓国が大発○中








 

『はい、我々は事実を憶えている

 (Yes, We remember the facts)』

というタイトルの広告は、韓国の

広報専門家ソン・ギョンドク教授と

歌手キム・ジャンフンさんなどが、

ニューヨークタイムズなどの有力媒体と

タイムズスクエアの広告看板に出した

『あなたは憶えていますか?

 (Do You Remember?)』

の広告に反論する形になっている。 

広告を出した

『歴史的事実委員会

 (the Committee for Histoical Facts)』

は、極右言論家の櫻井よしこ

(ソースではサクライ・ヨシヒコ)をはじめ、

青山繁晴、すぎやまこういち、西村幸祐、

藤岡信勝など、政治評論家とテレビ

プロデューサー、作曲家、教授などで構成

されている。 

広告はいわゆる

『三つのファクト(事実)』

を関連文書と新聞記事などを添えて

米国の読者をミスリードしており、映画の

タイトルをパロディーにした

『セックスと嘘と慰安婦』

という刺激的なタイトルのYoutube動画

まで案内している。


自称一つ目のファクトは、慰安婦の募集は

民間ブローカーが行った事だというのだ。

そして日本軍隊はこれを禁止したとし、

『1938年3月4日付けの日本軍2197文書』

を載せている。 

二つ目のファクトは、1939年8月31日

付けの東亞日報の記事だ。

『悪徳紹介業者跋扈』、

『農村婦女子を誘拐、被害女性100人突破』

などのタイトルが付いたこの記事は、

女性を誘拐・拉致して慰安婦にした

一党が警察に検挙されたというもの。

広告は

「この時期に韓国は日本の支配下にあり、

 結果的に日本政府はこのような犯罪に

 対して強固な対応を取っていた事を立証

 している」

と主張した。 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★