韓国テレビ番組で『日本専門家が”超弩級爆弾発言”を吐いて』韓国人が顔面蒼白。ソウル市民に全滅の危機が迫る








 

日本の地震学者「ソウルで地震があれば「全滅」の可能性がある」 

浦項で5.4規模の地震が発生し、

韓半島で地震の可能性の危険性を

警告した、日本の地震学者の過去の

発言が見直されている。


去る15日、気象庁はこの日の

午後2時29分頃、慶北浦項市北区北

9kmの地域で、マグニチュード5.4の

地震が発生したと発表した。

今回の地震は昨年の9月12日、

慶尚北道慶州市で発生した

マグニチュード5.8の地震に続き、

韓国で起きた地震のうち二番目に

大きい規模だ。 

中央災難安全対策本部によると、

今回の地震で57人の負傷者と、

1,500人を超える被災者が発生した。 

これに関連し、各種オンライン

コミュニティとSNS上には、

昨年9月に慶州地震の後に放送した、

TV朝鮮

「強敵たち」

の一部シーンが掲載され、

関心を集めている。


この番組には、日本の東京大学地震

研究所で30年以上勤務した著名な

地震学者、笠原順三教授が出演した。

この日、笠原教授は

「2011年に発生した東日本大震災

 発生の範囲が広がっている」、

「韓半島の地震は、その延長線上にある」

と伝えた。


続いて、

「ソウルに地震が来たら

 (ソウル市民が)全滅する可能性がある」

と言って皆を驚かせた。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★