日本の新発見で『中国の国際主張が根拠を完全喪失する』凄まじい展開に。国際情報戦で不利に立たされた模様








 

尖閣諸島(沖縄県石垣市)の

領有権をめぐり、中国が主張の

根拠としている歴史資料を否定する

台湾の公式文書が存在することが

17日、分かった。

尖閣諸島を示す台湾名の

「釣魚台」

は尖閣とは別の島を指していた内容で、

長崎純心大学の石井望准教授(漢文学)

が同日、東京都内で開いた記者会見で

発表した。 

石井氏によると、中国側の

「尖閣諸島が歴史上、台湾に付属していた」

という主張の根拠とする歴史資料は

2つあるが、このうち1つはすでに

誤りだと判明している。

今回の資料は残りの1つで、

台湾の文書が否定したことによって

中国側は主張の根拠を完全に失うことになる。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★