【韓国の反応】韓国人「在日コリアンが併合時代から自発的に日本に渡航し続けていたという『事実』が示すもの」








 

日帝時代「在日朝鮮人」の人口

・子孫が先祖を地球上で最も残忍な人にするケース
日帝時代「在日朝鮮人」の人口

バンダービルド太平洋戦争が終わる頃、
日本に住んでいた朝鮮人たちは
190万人ほどだった。
そのうち120万人ほどは韓半島に
帰郷して、70万人ほどが日本に残留した。
日本在住の朝鮮人の人口は、
1911年には2527人だったが、
終戦直前の1944年には193万6843人に
増加した。 
33年間で760倍以上増加したわけだ。
この期間中、1914年の場合にだけ、
在日朝鮮人の人口が前年比でマイナスを
記録しただけで、残りの年度では
すべて前年比でプラスを記録した。
特に1917年には、在日朝鮮人の人口は、
前年比で150%以上の増加率を記録した。


1911年に2527人からスタートして、
1944年に193万人以上の人口になった
ということは、すべての期間で毎年平均
22%以上の増加率を見せたということになる。

特記すべきなのは、3・1運動をきっかけ
にして、1919年に日本政府が、朝鮮人の
日本渡航を抑制する措置をとったにも
かかわらず、その後も日本に渡って行く
朝鮮人の規模が増加し続けたという点である。
また関東大地震が発生した1923年には
在日朝鮮人の人口は8万415人だったが、
その翌年の1924年、在日朝鮮人の人口は
11万8152人と大幅(47%)に増加した。
特記するに値するだろう。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★