韓国のサムライ起源説が『情けなさすぎる実情』を暴露され完全崩壊。惨めすぎる黒歴史が明らかに








 

[バック・トゥ・ザ・東亜/11月20日]日本サムライは百済サウラビが根?韓国語 

インターネット上では、

日本封建時代の武士を意味する

「サムライ」

が、実は韓国語

「サウラビ」

から由来したと主張する投稿を

難なく見つけることができる。

 

2002年に公開した映画

「サウラビ」

もまた、このような主張に基づき

話を進めていく。 

こうした主張はどれくらい信頼

できるのだろうか。

正解から言えば、実際にサウラビが

転じてサムライになった確率は

ゼロ(0)に近い。 

サウラビは、ソウル培花女子高等

学校などで国語の先生として働く

一方、ラジオドラマの脚本も書いた

キム・ヨンゴン作家(1926~1988)

が1960年代に作り上げた表現

だからだ。 

1962年今日(11月20日)の新聞・

東亜日報は、ソウル中央放送

(KA・現KBS)で、時代劇

「カンガンスウォレ」

を連載していたキム作家の

インタビュー記事を掲載した。 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★