国連人権理のUPR審査が『日本に法治国家を止めろ』と要求してきた模様。在日のアレな提言を鵜呑みした








 

国連人権理事会において日本政府に

対する 第3回UPR審査

(Universal Periodic Review /

 普遍的定期的審査)

が実施された。

UPRは、国連における人権理事会

の創設(2006年)に伴い,国連

加盟国(193ヶ国)全ての国の人権

状況を普遍的に審査する枠組みとして

盛り込まれた制度であり、国連憲章、

世界人権宣言、当該国が締結している

人権条約、自発的誓約、適用されうる

人権法を基準に審査されるものである。 

UPR審査は、

(i)被審査国が国連人権高等弁務官

 事務所(OHCHR)に宛てて提出する

 報告書、

(ii)OHCHR が被審査国に関する国際

 条約機関及び特別手続による報告並び

 に関連する国連公用文書を編集した文書、

 及び、

(iii) OHCHRがNGO等UPR関係者により

  提出された信憑性と信頼性のある情報

  を要約した文書、の3つの文書

を基礎として行われる 。 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★