【韓国】韓国兵は3回も私を襲った…ベトナム戦争の残虐を英紙が報道、欧米で怒り・驚き噴出








 

「私はまだ若過ぎて、自分の

 アイデンティティーを感じる

 ことはできませんでした。

 そして、母に、なぜ私が他の

 ベトナムの子供たちと違って

 見えたのかについて、まだ疑問

 を持っていませんでした」

「しかし、共産主義者が勝利を

 宣言したとき、私に関する全てが

 変わった。突如、私は危険なほど

 (他の子供たちと自分が)違って

 いることを知りました」

ナットさんは学校で虐(いじめ)め

られ、苦しみました。

「私は繰り返し、虐められました。

 他の子供たちは、私の父が誰かを

 尋ね続け、彼を「犬」と呼びました。

 私は黙って耐えるしかありません

 でした」

「私が18歳の時、母は私の前に座り、

 韓国兵にレイプされたと明かしました。

 1度ならず、3度も。だから私と、

 私の2人の女兄弟の3人が混血であり、

 ライダイハンなのです」

ナットさんの辛い告白を紹介したあと、

このインディペンデント紙はこう説明

します。

韓国がベトナム戦争に関与した

 話は、ほとんど知られていない

韓国軍の部隊は(ベトナムの)

 民間人女性を単独で搾取するだけ

 でなく、彼らの国は

 (レイプの被害者たちの)告発を

 決して認めず、(事実の)調査の

 ための措置を取らなかった

さらに、ナットさんの母親で、

現在、76歳になる

トラン・ティ・ンガイさんは、

自身の悲惨な過去を

インディペンデント紙の取材に対し、

赤裸々に吐露します。

ンガイさんは時折、すすり無き、

怒りと悲しみで涙をぬぐいながら、

話し始めました。

体は弱っていますが、ベトナム戦争中

に受けた性暴力に関する記憶は

はっきりしています。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★