文在寅が『米軍の行動を妨害すると宣言して』全世界の笑い者に。韓国内からも批判が殺到中








 

文大統領の「米国の先制攻撃を阻止しなければ」発言、その意図は?=韓国ネットも注目「金正恩の保護者なの?」「先制攻撃は戦争の始まりだから」

2017年11月30日、韓国・

国民日報によると、韓国の

文在寅(ムン・ジェイン)

大統領が29日の国家安全

保障会議(NSC)で

「米国が(対北朝鮮)先制攻撃

 を念頭に置くような状況は

 防がなければならない」

と発言し、その意図が注目されて

いる。 

文大統領は北朝鮮が大陸間弾道

ミサイル(ICBM)

「火星15型」

を発射してから約5時間後の29日

午前8時30分ごろ、ドナルド・

トランプ米大統領と電話会談を

行った。 

文大統領が北朝鮮によるミサイル

発射の当日に米大統領と会談する

のは初めてのことだという。

韓国では文大統領が会談で、

米国の軍事オプション行使

(先制攻撃)の意向を打診した

可能性があると主張する声が出ている

が、韓国大統領府関係者は

「北朝鮮による挑発の状況を分析

 し、追加の措置を取ることで合意

 した。それ以上の部分については

 言及していない」

と説明した

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★