北ICBM実験で韓国が『日米への協力を露骨に拒絶する』最悪の展開に。勝手に問題ないと判断した模様








 

韓国統一部は1日、北朝鮮に

よる先月29日の大陸間弾道

ミサイル(ICBM)級

「火星15」

の発射について、

「レッドライン(越えてはならない一線)」

を越えてはいないと判断するとの

立場を明らかにした。

同部の李有振(イ・ユジン)副報道官

はこの日の定例会見で、

「政府としては北のミサイル発射が

 大気圏への再突入、終末段階での

 精密な誘導、弾頭の正常な作動など

 の能力を立証できなかったとみている」

とし、

「レッドラインを越えたと判断していない」

と述べた。 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★