韓国の慰安婦像バスが『日本人観光客を絶滅状態に追い込む』愉快な超展開に突入。自滅への道を突き進む








 

2017年夏、韓国・ソウルで

慰安婦を象徴する

「平和の少女像」

を座席に設置した路線バス5台が、

40日余りにわたって運行した。

10月初めに

「乗車」

を終了した像5体は、秋夕

チュソク。中秋節)の連休を

機に

「帰郷」

と称しそれぞれ地方都市に向かった。


各地ではすでに設置されていた

慰安婦像と並んで展示されるなど、

計画通り

「市民の慰安婦問題への理解を

 深めるため」

活用されているもよう。

また、路線バスに像を設置して運行

する試みもソウルに続き各地で

行われているようだ。 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★