『中国は尖閣施政の公式宣言を間もなくする』と国際専門家が危機を訴え。自衛隊を投入すれば解放軍を持ち出す








 

尖閣国有化から5年。

いまも頻発する中国海警の領海侵犯

に日本は

「いつものこと」

とばかりに麻痺しているが、

事態は深刻だ。

2016年までは尖閣周辺の日本領海や

そのすぐ外側で日本の主権の及ぶ接続

水域に侵入してくる中国海警の武装

艦艇はいつも2隻だった。

だが2017年の今は必ず4隻の行動を

ともにする艦隊となっているのだ。

産経新聞ワシントン駐在客員特派員の

古森義久氏が警鐘を鳴らす。

中国の軍事研究を専門とする

ワシントンの民間研究機関

「国際評価戦略センター」

のリチャード・フィッシャー研究員は

語った。 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★