平昌五輪会場の安普請に『専門家が恐怖に怯える』悲劇が進行中。これは○ぬと断言された模様








 

平昌五輪メイン会場 観客一斉移動で揺れるといわれる安普請

平昌五輪は、朴槿恵政権における

崔順実スキャンダルの影響で、

民間企業からの支援が停滞し、

寄付金や協賛金が集まらなかった。

さらに雪不足対策で人工雪製造機

を導入するなど運営予算が

膨れ上がり、予定より

3000億ウォン(約300億円)も

不足した。


「支出を圧縮するため、

 メイン会場は五輪後に取り

 壊せる簡素な構造になった。

 そのため

 『観客が一斉に移動すると揺れる』

 といわれる安普請で、暖房設備も

 不足している。観客には腰掛け毛布

 とカイロが配られるというが、

 それで対策になるのか」(韓国紙記者) 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★