慰安婦像を推進したSF市長が『原因不明の怪死を遂げて』世界が騒然。安倍の魔の手にかかったという声も








 

米サンフランシスコのリー市長が死去 米メディア報じる 慰安婦像受け入れで大阪市と関係悪化

米カリフォルニア州

サンフランシスコ市の

エドウィン・リー市長(65)

が米時間12日に亡くなったと、

複数の米メディアが報じた。 

リー市長は中国系アメリカ人で、

2011年に市長に就任。

同市では今年11月、旧日本軍の

慰安婦問題を象徴する少女像を

受け入れる議案を可決した。 

大阪市の吉村洋文市長は受け入れに

反発してサンフランシスコ市との

姉妹都市関係の解消を表明しており、

この日、週内に幹部会議を開いて

解消を正式決定する意向を示した…

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★