『中国は我々を朝貢国家に認定したのか』と韓国がようやく現実を認識。ここまで酷い国賓訪問はない








 

昨日、文在寅(ムン・ジェイン)

大統領と中国の習近平国家主席が

首脳会談を行った。

多者間国際会議の途中に行われた

以前の2度の会談とは違い、今回

は韓国大統領の

「国賓訪問」

会談だった。

それだけに形式と内容はいずれも

両国の大きな関心事だった。 

両首脳は韓半島(朝鮮半島)の平和

と安定のための4大原則に合意した。 

▼韓半島で戦争は絶対無用

▼韓半島の非核化原則の堅持

▼対話と交渉を通じた北朝鮮の非核化

▼韓国と北朝鮮の関係改善だ。

両国が北朝鮮の核解決の原則を

明らかにしたわけだが、また別の

議論の的になるおそれがあるという

点で懸念もある。

もしかするとあるかもしれない

米国の対北朝鮮軍事オプションや

戦術核の韓国配備などに同意できない

という意味として解釈される可能性

があるためだ。 

THAAD問題に対する見解の差も

依然として縮められなかった。

文大統領は

「最近の苦難は相手の立場になって

   考える機会になった」

と話したが、習主席は

「今、誰もが知っている理由で

 中韓関係は後退を経験した」

とし、韓国の責任について言及した。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★