スポンサーリンク



日本人が『韓国を遂に完全に見放した』と世論調査で確定した模様。逆に韓国人は酷く楽観的だ

慰安婦問題について

「最終的かつ不可逆的に解決」

とした2015年の日韓合意。

しかし去年の暮れ、釜山の

日本総領事館の前には少女像が

設置され、日本政府は駐韓大使を

一時帰国させた。

その後もソウルの路線バスに

慰安婦像を乗せたり、アメリカ各地

でも少女像が設置されるなどの活動

が行われてきた。 

そんな中、慰安婦像の設置を受け入れた

サンフランシスコ市に対し、大阪市は

60年続いた姉妹都市の解消へと動いた。

一方、韓国の国会は8月14日を

「元慰安婦をたたえる記念日」

とする法案を可決した。 

16日放送のAbemaTV

『みのもんたのよるバズ!』

に出演した朴一(パク・イル)

大阪市立大学教授は

「慰安婦像だけを焦点化するのは

 いかがなものかと思う。

 李明博大統領が大阪に来られて

 私も会った。在日の参政権のことを

 一生懸命やってくださいと言ったが、

 そのことはほったらかし。

とにかく慰安婦問題について

 憲法裁判所で判決が出たので、

 これを日本に請求してやらないと

 大変ことになる。だから徹底的に

 野田総理に解決を迫ると言っていた

 のを今でもはっきり覚えている。

あの時に野田総理が解決のための

 アイデアをいくつか出された。

 私は水面下で韓国の大使とも

 やり取りをしていたが、当時の

 民主党政権が続いていれば、日韓合意

 がもっと早くできて、問題も収れん

 したと思う」

と話す。 

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★