韓国の火災惨事で『韓国専門家が日本を糾弾し始める』最悪の展開に。やはり日本が悪い事になった模様








 

21日に発生した提川(チェチョン)

火災惨事を日本メディアは大きく

扱った。

特に放送は現場の画面を積極的に

活用して報道した。

ごうごうと燃え上がる建物、建物から

人が飛び降りる場面などは視聴率を

高めるのに良い素材であろう。 

ところが公営放送NHKは火災現場を

平昌(ピョンチャン)オリンピックと

関連づけた。

NHKは21日夜のニュースで

「提川は人口13万の地方都市で来年2月、

 冬季オリンピックが開かれる平昌から

 南西約30キロ離れている」

と伝えた。

しかし、火災現場から開幕式が開かれる

平昌オリンピックプラザまでは80キロを

越える。 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★