私を助ける為に職員室に乗り込んだ兄は教師公認の虐めを受ける事になった→次々と送り込まれる刺客を兄が全員返り討ちにしていたが…




私が小3の時、父が交通事故に遭って入院。

小4に上る直前、母も激務で倒れたため、私と1歳年上の兄は、

東北地方の親戚の家に預けられることになりました

その町は本当に山の中にあって、今でもクマ撃ちの猟師がいるようなところ。

一番困ったのは言葉。兄も私も、東京生まれの東京育ち。

わからない言葉ばかり。

そんな中で、気が小さい私はイジメられるようになりました。

きっかけは些細なことでした。

なにか方言で話しかけられた時、意味がわからなくて

「え?」

と何度か聞き直したのが生意気だ、と。

「田舎者だと ほいどさ(バカに) してる」と……

東京の方が勉強も進んでいて、テストの成績も良かったのが

面白くなかったんでしょうね。

私は足も遅く運動神経もあまり良い方ではなかったので、

ドッジボールで標的にされたり、こちらの方ではほとんど売ってなかった

サンリオなどのファンシーグッズを隠されたり、シャープペンを壊されたり、

ランドセルの中に虫やトカゲの死体を入れられたり……

ある日、小学校に行こうとして親戚の家を出て、10分ほど歩いたところで、

泣いて兄に訴えました。

「もう、学校に行きたくない。イジメられてる。東京に帰りたい」と。

兄は、私だけを親戚の家に帰すと、職員室に一人で乗り込んで

「うちの妹がイジメられています。どうにかしてください」と訴え出てくれました。

すると、私の担任は

「うちのクラスにイジメはない。妹さんが溶けこまないのが悪い」と。

そして、兄に向かって

「子供のくせに、大人に意見するなんて、本当に東京の子は生意気だ」と。

で、その日から、教師公認のような形で、兄へのイジメが始まったのですが……

次ページに続きます。