市長死亡後のSF市が『日本相手に○をせびり始める』最悪の展開に。兎に角ロビー運動をしろ








 

◆慰安婦像「有害だね」 サンフランシスコ市を現場ルポ 寄贈受け入れから1カ月

米西部カリフォルニア州の

サンフランシスコ市が慰安婦像と

碑文の寄贈受け入れを決定して

から1カ月余。市民らからは像への

反対意見も聞かれるものの、徐々に

認知が進み、その影響は着実に浸透

し始めていた。

一方、公共物化するという市議会の

決定を承認した市長、

エドウィン・M・リー氏の急逝を

受けて急遽行われることになった

市長選では、像や大阪市との姉妹都市

関係をめぐる一連の問題は、

ホームレス問題など他の争点の影に

埋もれようとしている。

「毎日来ているけど、何だか知らないなあ」。

慰安婦像と碑文が設置された、

サンフランシスコの中華街にある

セント・メリーズ公園。

昼食を取っていたソフトエンジニアの

リラン・ウィンターさん(29)は、

像についてこう話した。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★