日韓合意の破棄は『韓国の国際的信用に影響を与えない』と専門家が断定。合意白紙化は既定事項だ








 

ムン・ジェイン大統領が韓日慰安婦

合意の調査の結果、合意自体に重大

な欠陥が確認され該当合意では

慰安婦問題を解決できないという

立場を公式化した。

これに伴い、パク・クネ政権当時、

日本と結んだ合意は事実上

「白紙化」

の手順を踏むことになると見られる。 

専門家たちはムン・ジェイン政権が

パク・クネ政権当時結んだ慰安婦合意

を破棄しても国際法上問題になる

可能性はないと見ている。

韓日両国が2015年12月28日に結んだ

慰安婦合意は形式と内容のどちらに

照らしても国際法上遵守義務が

課される国家間の条約または協約と

見るのが難しいと判断するからだ。

ただし、対日関係で甘受しなければ

ならない外交的負担の重さが問題と

指摘される。 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★