【韓国起源説】韓国が漢字を廃止した理由








 

つい先日、元駐日韓国総領事が日本語は韓国起源と主張し話題になったが、

この韓国起源説は他の起源主張と少し異なる背景を持ち、

韓国における漢字廃止の経緯と密接な関係がある。

日本語の韓国起源説は韓国では比較的一般的な部類に入るが、

実はそれと同時に国語純化運動として、日本統治時代に入ってきた日本語を

排除し純粋な韓国語に置き換えるという行為も行われているが、

その作業において実際には

「(韓国人が想定する)日本語のルーツになった単語」と

「日本統治時代に入ってきた単語」の区別はついていない。

史実としては、元々漢字混じりのハングルは日本人が日本語ベースで整備して

普及させたという背景があり、日本語と韓国語が似ているのはそのためとなる。

しかし韓国では「日本はハングルを奪った」としているので、

日本がハングルを普及させたという事実は都合が悪く、

また単語が漢字表記のままだと日本語の影響が一目瞭然なため、

整合性を取るためにハングルから漢字を廃止した結果、

上記のようなおかしな現象が発生しているという背景がある。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★