真夜中の帰り道、顔中あざだらけでふらふら歩く女がいたのでナンパして家に連れ帰った結果・・・








 

嫁の怪我が綺麗に治る頃、
ずっといてくれないかって言った
その頃になると最初こそ無口で
必要以上喋らなかった嫁も、
口数は最初に比べたら多くなってた
会話の中でいい子なんだろうなって
言うのは伝わってきてたし、
何より胃袋を掴まれたことで完全に
惚れてた
だから嫁の飯はうまいし俺は今の
生活が幸せだから、もし嫁さえ嫌で
なければ出て行かないでほしいって
伝えた
部屋はちょっと狭いけど、嫁が綺麗
にしてくれるおかげで布団さえ
買い足せば二人で暮らせなくもなかった
嫁は付き合うってこと?
って聞いてきたから、俺は好きだけど、
嫁の気持ちも尊重したい、
だから嫁がいいと言ってくれるまで
手も出さない
ただ好きになった子が苦労するの
わかりきってるなら助けてあげたい
だけだって伝えた
もし好きな奴ができて一緒に住むのに
不都合になるなら仕方ないけど、
住むところ確保のために夜の仕事する
ならここに住んで普通の仕事探せば
いいって言った
俺みたいな奴についてきて、
家に上がり込んで素直に飯作るような子、
夜の世界じゃやってけないって思った
からなんとか頼み込んだ
嫁は一日時間くれって言ったけど、
次の日にはよろしくお願いしますって
言ってくれてすごく嬉しかった
そこからはとりあえず携帯すら持って
なかった嫁に俺名義でガラケー持たせた
履歴書に連絡先かけない相手なんか
誰も雇ってくれないだろって無理やり
渡した
そこから嫁は早かった
駅前にあるファストフード店の面接を
次の日には取り付け、面接のその場で
採用決定
ひたすら働き続け、次の月には今まで
ありがとうって給料まるごと渡してきた
食費の他に下着やある程度の服とか
確かに俺が使った金額はいくらか
あったけど、それを大幅に上回る額
だった
そんなこんなで俺の卒業まで2年間
嫁はそこの店舗で働き続け、俺の就職
を機に退店
今じゃ派遣から入った大手企業で
正社員としてバリバリやってる
就職と同時に引っ越すまで結局5畳
1Rで2年間過ごした
ちなみに布団は買い足さなかった
シングルのロフトベッドを二人で
使い続けた
最初の頃は手出さないって約束した
以上本当にただ一緒に寝るだけ
あるときに酔っ払った嫁に襲われた
のをきっかけになし崩し的に
関係スタート
今もベッドだけは同じものをって
ことで寝室は一緒で一緒に寝てる

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★