二階の平昌出席勧告が『政府から辛辣な批評を受ける』凄絶な情勢に。菅官房長官も言葉を濁す








 

自民党の二階俊博、公明党の

井上義久両幹事長は17日、

東京都内で会談し、2月9日に

行われる平昌冬季五輪の開会式に

「安倍晋三首相が出席するのが

 望ましい」

との認識で一致した。

首相は、慰安婦問題に関する

日韓合意をめぐり、韓国の文在寅

政権が日本政府に新たな措置を

求める姿勢を示したことに反発し

出席を見送る方向だけに、

政府筋からは

「ありがた迷惑」

などの批判が出ている 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

コメント

  1. ウエストサイド より:

    二階は中国からも韓国からもハニートラップを食らってる。だから、自民党の重鎮じゃない、あそこが重チンなだけ。公明党は、信者に在日が多い。ただそれだけ。