『韓国人には道徳と正義が根付いている』と毎日新聞が”日本人との違い”を強調。儒教をバカにするんじゃない → 自国民を馬鹿にして侮辱して見下して食う飯は旨いのか?








 

特集ワイド
儒教バッシングの愚 嫌中嫌韓の論拠とされているが…

毎日新聞2018年1月31日 東京夕刊

社会一般
紙面掲載記事
社会

「儒教バッシング」

の本や記事が目立っている。

ヘイトスピーチをする人々も、

こうした本や記事にある儒教の

「独自解釈」や「歴史的事実」

を信じている人も少なくない 

中国や韓国を批判し、あるいは

罵倒する

「嫌中・嫌韓本」

はもはや珍しくないが、最近は

その論拠に

「儒教」

を使うのが流行らしい。

韓国・平昌(ピョンチャン)冬季

五輪は来月9日に開幕するし、

東京五輪・パラリンピックまで

あと2年。

この国は

「おもてなし」

が自慢のはずだが、こんなことで

いいのか。【吉井理記】 

本題に入る前に、クイズである…

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

コメント

  1. ウエストサイド より:

    これだから、私は毎日新聞を止めました。在日が新聞社を支配してる、TBSのサンディーモーニングもそうでしょう。赤旗より最左翼の毎日新聞。日本で一番反日的な新聞社。儒教を悪用しているのは、自分の者は自分の物、人の物も自分の物、と言って領土拡張する中国の共産党であり、朝鮮民族が一番と言って他を認めない、まだ両班が生きている韓国。