【北欧飛火】IOC関係者が『韓国起源説を懇々と説明され』雰囲気を凍りつかせた模様。ノルウェー人に喧嘩を売りまくり








 

■[韓国日報] 韓国が「スキー宗主国」であったという

     事実をご存知ですか

「雪の上で履く靴」を意味するスキーは

ノルウェーが宗主国として知られている。

ノルウェー語と英語のskid,skip,skiff,slide及びskateなどが

語源で、数千年前から冬が長く雪が多い山岳地帯で歩行、

狩猟、運搬の目的で使われており、北欧では戦争当時、

重要な移動手段として利用されることもあった。 

いわゆる「ノルウェースキー」は

農民と猟師によって伝わった。

1740年頃ノルウェー軍隊がスキー部隊を編成した後に

活性化してスキー競技へと発展した。

1877年、ノルウェー・クリスチャニア(現在のオスロ)に

スキークラブができて、2年後のハースビヒルで

第1回ジャンプ大会が開かれた。 

19世紀後半にはヨーロッパ各国に普及し、

特にオーストリアでマティアス・ツダルスキーが

アルプス山岳地帯に合うスキー技術を研究すると同時に、

それに合う用具を開発することによって急激な発展を遂げた。 

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★