【阪神教育事件】GHQが『戦後唯一の非常事態宣言』を布告した在日朝鮮人と日本共産党による大規模テロ事件








 

阪神教育事件(はんしんきょういくじけん)は、1948年(昭和23年) 
4月14日から4月26日にかけて大阪府と兵庫県で発生した在日朝鮮人と 
日本共産党による民族教育闘争、大規模テロ、逮捕監禁・騒乱事件で、 

GHQは、戦後唯一の非常事態宣言を布告した。 

朝鮮人学校事件、大阪での事件は大阪朝鮮人騒擾事件、 
また神戸での騒乱事件は神戸朝鮮人学校事件とも呼ばれる 

*補足

事件の発端
1947年(昭和22年)10月、連合国軍最高司令官総司令部総司令官
ダグラス・マッカーサーは、日本政府に対して、
「在日朝鮮人を日本の教育基本法、学校教育法に従わせるよう」に指令した。

このころ在日朝鮮人の子供たちは、日本内地の教育により、
朝鮮語の読み書きが充分にできなかったため、日本各地で国語講習会が開催され、
文字と言葉を知ったものが先生となり、在日朝鮮人の子供たちに朝鮮語を教えた。
教材は独自に作成された。

国語講習会は在日本朝鮮人連盟(略称は朝連)事務所や工場跡地、
地元の小学校校舎などを借りて開かれた。その後、国語講習会は朝鮮人学校に
改組され、学校は全国に500数十校、生徒数は6万余人を数えた。

1948年1月24日、文部省学校局長は各都道府県知事に対して、
「朝鮮人設立学校の取扱いについて」という通達を出し、
朝鮮人学校の閉鎖と生徒の日本人学校への編入を指示した
(朝鮮学校閉鎖令)。

同年1月27日、朝連は第13回中央委員会を開催し、朝鮮学校閉鎖令に対し
反対を表明した。さらに、「三・一独立運動闘争記念日」に合わせて、
彼らの主観における「民族教育を守る闘争」を全国で展開するように訴えた。

大阪府と兵庫県ではこの通達に基づき、朝鮮学校の閉鎖を命じた。
阪神地区では、朝連の宋性澈が闘争、暴力事件の指導に当たった。
在日朝鮮人・金太一が闘争中に警官に射殺されている。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★