『日本人に期待するのは止めだ』と韓国高官が”露骨なSOS”を出してきた模様。なりふり構わず金をたかる








 

韓日両国首脳はドイツG20会議で両国間協力活性化に合意し

シャトル外交を復元することにした。

慰安婦問題は両側の立場が平行線のまま懸案として残された。

韓国政府は日本との関係推進のための方案として

慰安婦など過去の問題解決と実質的協力関係推進を分離する

ツートラック(two-track)政策を推進すると見られる。

事実、ツートラック政策は前政府も試みた政策だ。

しかし、この政策は水面下に潜む両国間の過去の問題が

日本側の妄言などを契機に浮上し、国民感情が噴出して

両国関係が梗塞し、日本との実質的な協力関係の凍結が

繰り返され、これまで効率的ではなかった。

ツートラック政策の進展のためには過去の歴史解決と

実質的な協力関係の推進努力をバランス良く進める

政府と国民の冷静な(cool)理性的接近が必要と見られる。

日本との関係再設定に向けた私たちの冷静な接近には

日本のアイデンティティの洞察が役に立つだろう。

最初は、日本国内右傾政権の永続性だ。

日本の近代化を成し遂げた明治維新の理念に

政治的ルーツを置く右傾勢力は伝家の宝刀の

富国強兵に永久に執着する可能性が高い。

日本の良心勢力は過去の歴史を客観的視点で見ているが、

日本社会の主流になって執権代替勢力に成長することは期待薄だ。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★