「陸自が情報リーク」の見方 「これではクーデターだ!」 日報問題で文民統制に深刻な懸




南スーダンPKOの日報問題をめぐる混乱は、

稲田朋美防衛相の統率力不足が招いた問題だが、

防衛省の内部から稲田氏にとって不利な情報が

発信されている形跡があり、

文民統制(シビリアンコントロール)上の

深刻な問題も引き起こしている。

文民統制は、国民から選挙で選ばれた政治家が

軍を指揮統制することを指す。

戦前や戦中の「軍部の暴走」に対する反省が込められており、

多くの自衛官は長年、厳格に原則を守り、

政治的活動から距離を置くよう自らを律してきた。

今回の問題で稲田氏は、一貫して

「非公表や隠蔽を指示したり、了承したりしたことはない」

と主張している。

これに対し「非公表方針は稲田氏が了承していた」という

正反対の情報が相次ぎ報道されている。

防衛省内では

「特別防衛監察の結果、一方的に悪者にされてしまうと

反発した陸自サイドが情報をリークしている」(幹部)との

見方が大勢を占める。

真実がどちらであっても、結果的に政府の信頼が損なわれるのは

間違いなく、「これではクーデターではないか」(政府関係者)

との声すら漏れる。

次ページに続きます。