【閲注】古寺を解体中、2m位の木箱が出てきた。俺「何か文字が書いてるな」元住職「絶対開けるな!」→だが、中国人バイトが・・・








 

あ、言い忘れたけど、そのミイラは
「頭が両側に2つくっついてて、腕が左右2本ずつ、

足は通常通り2本」という

異様な形態だったのね。

俺もネットや2ちゃんとかで色んな奇形の写真見たこと
あったんで、そりゃビックリしたけど、

「あぁ、奇形か作りもんだろうな」と思ったわけね。

んで、例の中国人2人は一応病院に車で送る事になって、

警察への連絡はどうしようか、って話をしてた時に、

元住職(80歳超えてる)が息子さんが運転する車で来た。

開口一番、

住職「空けたんか!!空けたんかこの馬鹿たれが!!

しまい、空けたらしまいじゃ・・・」

俺らはあまりの剣幕にポカーンとしてたんだけど、

住職が今度は息子に怒鳴り始めた。

岩手訛りがキツかったんで標準語で書くけど、

住職「お前、リョウメンスクナ様をあの時、京都の~寺

(聞き取れなかった)に絶対送る言うたじゃろが!!

送らんかったんかこのボンクラが!!馬鹿たれが!!」

ホント80過ぎの爺さんとは思えないくらいの怒声だった。

住職「空けたんは誰?病院?その人らはもうダメ思うけど、

一応アンタらは祓ってあげるから」

俺らも正直怖かったんで、されるがままに何やらお経みたいの聴かされて、

経典みたいなのでかなり強く背中とか肩とか叩かれた。

結構長くて30分くらいやってたかな。

住職は木箱を車に積み込み、別れ際にこう言った。

「可哀想だけど、あんたら長生きでけんよ」

その後、中国人2人の内1人が医者も首をかしげる心筋梗塞で病室で死亡、

もう1人は精神病院に移送、解体作業員も3名謎の高熱で寝込み、

俺も釘を足で踏み抜いて5針縫った。

まったく詳しい事は分らないが、俺が思うにあれは やはり人間の奇形で、

差別にあって恨みを残して死んでいった人なんじゃないかと思う。

だって物凄い形相してたからね・・・

その寺の地域も昔部落の集落があった事も何か関係あるのかな。

無いかもしれないけど。長生きはしたいです。

いきなりブラックアウトして電源落ちたんでビビッた・・・
俺だってオカ板覗くらいだから、こういう事には
興味しんしんなので、真相が知りたく何度も住職に
連絡取ったんだけど、完全無視でした。
しかし、一緒に来てた息子さん(50過ぎで不動産経営)の
連絡先分ったんで、この人は割と明るくて派手めの人なんで、
もしかしたら何か聞けるかも?と思い
今日の晩(夜遅くだけど)飲みに行くアポとれました。
何か分ったら明日にでも書きますわ
467: 本当にあった怖い名無し 2005/09/21(水) 17:37:06 ID:gva6dhyrO
>>453
乙。ただのミイラじゃないのがゾクッときたよ。

469: その3 2005/09/21(水) 17:42:57 ID:J0sPTefW0
>>467
どうもです今日はこれで落ちます

470: 本当にあった怖い名無し 2005/09/21(水) 17:46:49 ID:4O/pyF4u0
>>469
久し振りの良ネタの予感!
出きればコテ付けて今晩帰宅後に報告しとくれ!

471: 本当にあった怖い名無し 2005/09/21(水) 17:52:12 ID:NnmdFG4b0
こんな感じで工事現場で中国人が勝手に井戸かなんか開ける話しあったよね?
語り部か誰かが霊をそいつらに憑いてくようにしちゃう話

474: 本当にあった怖い名無し 2005/09/21(水) 18:10:45 ID:remxgWt+0
>>471
あったね。
他の話でも、最近は神社や仏閣が荒らされる、全て外国人の仕業、と
いう風な話もあった。

475: 本当にあった怖い名無し 2005/09/21(水) 18:20:14 ID:QabNrxeO0
>>471
たしか、半島の人じゃなかった?
んで、井戸の霊を鎮める為に供えた(納めた?)古銭欲しさに
封印した井戸を開けちゃう話では?
476: 本当にあった怖い名無し 2005/09/21(水) 18:24:34 ID:K2+tPFpq0
>>469
乙。リョウメンスクナの話、「宗像教授伝奇考」という漫画に出てきた覚えがある。
スクナ族という、恐らく大昔に日本へ来た外国人ではないかと思われる人が、
太古の日本へ文化を伝えた。それが出雲圏の文化形成となり、
因幡の白ウサギの伝説もオオクニヌシノミコトの国造りの話もこれを
モチーフとした話だろう、と。
そして大和朝廷による出雲の侵略が起こり、
追われたスクナ族がたどり着いたのが今の飛騨地方だった。
日本書紀によれば、飛騨にスクナという怪物がおり、

人々を殺したから兵を送って 退治した、という話が書かれている、と。

つまり、スクナというのは大和朝廷以前の時代に日本へ文化を伝えた外来人の
ことで、恐らくは古代インドの製鉄を仕事とする

(そして日本へ製鉄を伝えたであろう)人々のことではないかと書かれていた。
そして、出雲のある場所で見つけた洞窟の奥にあったものが、「リョウメンスクナ」(両面宿儺)の像だった、とあった。

477: 476 2005/09/21(水) 18:40:24 ID:K2+tPFpq0
スクナ族は、日本へ羅魔船(カガミノフネ)で来た、と書かれ、鏡のように
黒光する船であったとのこと。羅魔は「ラマ」で、黒檀系の木の名である、
と書かれていたけど、黒ずんだ長い木箱とあったので、これももしかすると
ラマなのかも・・・?
とすると、リョウメンスクナ様も、逃げ延びて岩手地方に来たスクナ族の
末裔なのかもしれないな。・・・と、オカ板的にはあわない内容かも、と思いつつ書いてみたが。
478: 本当にあった怖い名無し 2005/09/21(水) 18:48:16 ID:UZ5GC1tr0
黒船じゃ!黒船の仕業じゃ!
次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★