【閲注】古寺を解体中、2m位の木箱が出てきた。俺「何か文字が書いてるな」元住職「絶対開けるな!」→だが、中国人バイトが・・・








 

俺「・・・それが、関東大震災が起こる直前なんですよね?」

息子「そうだね」

俺「・・・偶然ですよね?」

息子「・・・偶然だろうね」

俺「その時、リョウメンスクナと天獄はどこに・・・??」

息子「震源に近い相模湾沿岸の近辺だったそうだ」

俺「・・・その後、どういう経由でリョウメンスクナは岩手のあのお寺に?」

息子「そればっかりはオヤジは話してくれなかった」

俺「あの時、住職さんに(なぜ京都のお寺に輸送しなかったんだ!)

  みたいな事を言われてましたが、あれは??」

息子「あっ、聞いてたの・・・もう30年前くらいだけどね、

   私もオヤジの後継いで坊主になる予定だったんだよ。

   その時に俺の怠慢というか手違いでね・・・

   その後、あの寺もずっと放置されてたし・・・

   話せることはこれくらいだね」

俺「そうですか・・・今リョウメンスクナはどこに??」

息子「それは知らない。と言うか、ここ数日オヤジと連絡がつかないんだ・・・
アレを持って帰って以来、妙な車に後つけられたりしたらしくてね」

俺「そうですか・・・でも全部は話さないと言われたんですけど、

  なぜここまで詳しく教えてくれたんですか?」

息子「オヤジがあの時言ったろう?可哀想だけど君たち長生きできないよ、ってね」

俺「・・・」

息子「じゃあこの辺で。もう電話しないでね」

俺「・・・ありがとうございました」

以上が電話で話した、かいつまんだ内容です・・・

はっきり言って全ては信じてません。

何か気分悪くなったので今日は落ちますね。連投・長文スマソ。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★