心霊写真の捏造騒動で『TBSの悪行が次々と暴露される』凄絶な展開に。不二家事件も発掘された模様




TBSが捏造騒ぎに揺れています。

渦中の番組は、7月19日に放送された『生き物にサンキュー&世界の怖い夜 合体3時間SP』。その中で紹介された心霊写真が、「合成」であると告発されているのです。誰からのリークかといえば、その心霊写真に写っている男性の友人たち。彼らはTwitter上で元の写真も公開しており、そこには一切、霊が写っていません。

この一件についてTBSサイドは26日、デイリースポーツの問い合わせに対して、「番組の制作過程で写真を捏造、合成したという事実は一切なかった」と疑惑を完全否定。しかし過去を振り返ってみると、これまで同局は幾度となく、ヤラセ・捏造の嫌疑を掛けられてきました。その中でも近年、大事になった例といえば、「不二家捏造報道」と「石原慎太郎・テロップ捏造事件」の2つでしょう。

『朝ズバッ!』で問題になった「不二家捏造報道」

次ページに続きます。