加計学園問題で民進党やマスコミの姿勢に和歌山県知事が唖然!獣医師不足の状況に加計批判するセンスがおかしい!




学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を

めぐる国会の閉会中審査などで、獣医師の地域偏在という

本質的な問題が浮き彫りになってきた。

誘致を進めた愛媛県の加戸守行前知事は国会で獣医師不足の

苦衷(くちゅう)を明かしたが、和歌山県にとっても人ごとではなく、

鳥インフルエンザや口蹄(こうてい)疫といった伝染病対策に

不可欠な公務員の獣医師には欠員も出ている状況だ。

 「大事なことは獣医師が足りているのかどうかということだが、

  『お友達』に口をきいたとか、そういうことばかりが問題になっている」

安倍晋三首相が出席した参議院予算委員会の閉会中審査と同じ

25日に開かれた定例会見で、仁坂吉伸知事は、加計学園の一連の問題で、

安倍首相と加計学園の理事長との関係性ばかりが報道でクローズアップ

されていることを嘆いた。

次ページに続きます。