中国は日本に優しすぎた?ソ連軍は日本人捕虜を銃殺したが、その理由はあまりにも理不尽なものだった・・・




1945年8月、60万人近くの日本関東軍はソ連軍に負け、

捕虜となった。

そのうち、大半はシベリアに送られ、労働力にされた。

寒さ、飢え、病気に耐えきり、日本に帰還できた捕虜は

半分ぐらいだった。

そのうちの一人に松本さんという人がいた。

松本さんは関東軍に所属していた将官だった。

ソ連軍から攻撃された途端、彼の部隊は抵抗せずにすぐ降伏した。

そこで、ソ連軍の捕虜になれば日本人はひどい目に遭うだろうと

松本さんは本能的に察知した。

そう感じた彼は、シベリアへ送られる途中に、伊藤という

もう一人の兵士と一緒に逃げ出した。

日本人の武士道は有名で、戦争に負けたら自殺するのがほとんどで、

逃げる人はほとんどいない。ではなぜ松本さんが逃げたのだろうか。

松本さんはこのように語っている。

次ページに続きます。