もしミッドウェー海戦で日本が勝っていたら・・・? 海外の反応




ミッドウェー海戦

第二次世界大戦中の昭和17年(1942年)

6月5日から7日にかけてミッドウェー島を

めぐって行われた海戦。

同島の攻略をめざす日本海軍をアメリカ海軍が

迎え撃つ形で生起した。

空母機動部隊同士の航空戦の結果、日本海軍が

敗退した。

日本海軍は機動部隊の中核をなしていた航空母艦4隻と

その艦載機を一挙に喪失する損害を被り、

戦争における主導権を失った。

日本側の構想

日本海軍が採用していた 漸減邀撃作戦思想に対し、

かねてから疑問を持っていた山本五十六は、

相当の危険性を承知の上でも、米国に対し戦争で

勝利を収めるためには、積極的な攻勢を進めるしかないと

考えていた。

そのため、戦略的奇襲としてミッドウェー上陸作戦を実施し、

アメリカ空母部隊の誘出を図りこれを捕捉撃滅しようとした。

※ 漸減邀撃作戦思想
 太平洋を越え来攻する敵を日本近海で迎撃し、艦隊決戦を

 もって米艦隊を撃滅する作戦思想

 攻撃側が好きな場所とタイミングで来攻して主導権を

 握れる事、強大な産業力に支えられた米海軍に長期戦に

 持ち込まれた場合、国力で圧倒的に劣る日本が守勢を採っても

 勝ち目がないなど、古くから採用されていた作戦思想だが、

 反対する者も多かった。

次ページに続きます。