独島のとある有名な写真の一枚に韓国が驚異の捏造。世界がついに警鐘を鳴らす事態に発展する 「これは極めて深刻である」







旭日旗アレルギーはこうして煽られる

今年4月25日に韓国水原で行われた水原三星と

川崎フロンターレの試合で川崎サポーターの2人が

旭日旗を掲げ、韓国側のサポーターが抗議する

事件が発生。

これについてアジア・サッカー連盟(AFC)は、

差別的行為や観客の行動責任の規約に抵触するとして、

川崎フロンターレに1年の執行猶予付きでAFC主催の

ホームゲーム1試合を無観客とする処分を科した。

罰金は1万5000ドル。

この処分を受け、日本側は

「(旭日旗は)政治的、差別的メッセージなどは含まれない、

 単純な応援の道具」

だと反発し、一方韓国側は

「軍国主義を連想させる旗」

だとしてAFCの処分を歓迎した。

日本人の多くは、韓国が旭日旗に対してこのように敏感に

反応することについて疑念を抱いていることだろう。

実は韓国で生まれ育った私ですらそうだ。

ほんの10年前までは一般的な韓国人も旭日旗を

目にしたところで何の反応も示していなかったからだ。

しかし、10年ほど前から韓国マスコミがそれは

「軍国主義の象徴」

だという主張を始め、繰り返し宣伝した結果、韓国人たちは

以前には何も感じていなかったはずの旭日旗に対し、

今は

「条件反射」

的な反感を抱くようになったのである。

旭日旗を目にしただけで気分が悪くなる「条件反射」は、

多くのクレームを量産してきた。

その対象は日本に限られたものではない。

ヨーロッパやアメリカで作られたポスターや製品に旭日旗に

似た模様が入っているというだけで、数百通の抗議メールを

送り付け、それを使用しないよう訴えるのは1つの

「市民運動」

化している。

 
もっと深刻な問題は、メディアによる「制作物」によって

韓国マスコミが反日感情扇動に利用しているという事実だ。

この記事では韓国マスコミによる「旭日旗の使い方」について

紹介する。

次ページに続きます。