九州講演に来た韓国人教授が『完全に打ちのめされて』スゴスゴと帰国した模様。映画「軍艦島」は完全に逆効果




日帝の韓国人徴用現場を息子に見せてあげたかった。

彼は訪問前日にインターネットを通じて予約を入れた。

韓国の住所も入力した。

ちょうど韓国で映画『軍艦島』が公開された直後だった。 

探訪当日、キム教授は青色の名札を手渡された。

日本人は緑色だった。その日午前9時、軍艦島行きの

クルーズに乗船した人は40人余り、そのうち4人は韓国人だった。 

 

軍艦島は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の

世界文化遺産、人類の普遍的価値を認められたという意味だ。

ところがなぜ名札の色で国籍を分けなければならないだろうか。 

 

キム教授は

「予想外だった。管理されているような感じ」

と話した。キム教授が送ってきた写真50余枚にも目を通した。

日本明治時代産業革命の現場を見ることができた。 

 

軍艦島の近くの高島石炭資料館にあるハングル年表の

最後の一節は

「1974年1月15日、端島坑閉山。同年4月20日に

 無人島になって今に至る」。

韓国人徴用の事実はどこにもなかった。 

 

2年前の世界遺産登録当時、関連事実を示すようにとする

ユネスコ勧告を履行しないでいる日本だ。

キム教授は

「現場ガイドも日本の近代化だけに触れて、海底1000メートルの

 中の朝鮮人の悲しみはただの一行も紹介しなかった」

と伝えた。

次ページに続きます。