「私のこと抱きたい?」 「残念でしたーこれ見てくださーい!」 上半身裸になった嫁の体は傷痕だらけだった




初日の打ち上げの飲み会で席が対面になって、

適当に世間話を振ってみたけどなんか反応が悪い。

他の人とは普通に話してるのに、俺の時だけ

顔が強張って言葉がつっかえる。

「よくわからんけどそういうこともあるわな」って

空のコップにビール注ごうと身を乗り出したら、

いきなりビンタされた。

一瞬空気が凍ってからもう大騒ぎ。

同期も上司も何があった?

何があった?

て凄い勢いで聴いてくるけど、

何もしてないのにいきなり叩かれた以外に言いようがない。

嫁は反射的に手が出てしまった、自分でもわからないって

泣きながら土下座せんばかりの勢いで謝ってきて

俺は

「女の腕力だから痛くないし痣にもならなかったから

 別にいいですよ」て言って

まあ酒が入ってたし色々ストレスもあるんだろうって

上司の仲裁が入って、その場で簡単な注意だけで終わった。

でも以来嫁からはあからさまに避けられるようになり、

必要最低限の事務的なやりとりしかしない、

タイミングによってはそれすらもうまくいかない

妙な関係になってしまい俺は何も悪くない嫁が一方的に

避けてるだけだって嫁本人が公言してくれたおかげで

孤立はしなかったけど入って早々面倒な人間関係に

なったなーってちょっとうんざりしてた。

次ページに続きます。