『慰安婦像は実は国辱物ではないか?』と韓国議員が思わず本音を吐露。外国人は裏では莫迦にしているぞ








 

イ・ギウォン委員は16日、フェイスブックに

忠南保寧(ポリョン)で「平和の少女像」

建設が推進されるという記事にリンクして

「少女像と富国強兵」というタイトルの文を載せた。

イ委員は「慰安婦が自発的か強制的か論議が

あるが、論点はそこではない」として

「これと似た歴史は我が国にはとても多かった。

 高麗に貢女、朝鮮に還郷女、日帝に慰安婦

 そして軍政に基地村女など全部共通点は韓国

 女性の世界化に大変な貢献をした歴史ということ」

と主張した。

引き続き「特別に慰安婦は銅像まで作って歴史を

繰り返さないという」として「これは民族の自尊心を

自ら傷つけることだ。どの家庭や社会、国家にも

悲劇と隠したいことがあるものだ」と付け加えた。

イ委員はまた「人生最大の喜びは敵を征服して

その敵の夫人や娘の唇を吸うことにある、

というジンギスカンの名言がある」とし、

「言うまでもなく戦争では婦女らの大量性暴行が

 起きた。ベルリンにソ連軍が進駐した当時、

 ヘルムート・コール首相夫人をはじめとする

 大部分のベルリン女性たちが悲劇にあった。

 この人々の傷が韓国慰安婦の傷より劣ると

 思うのか」といった。

引き続き「外国の人々にマイクを渡しながら

少女像をどう思いますかと訊けば、表面では

悲劇というだろう」とし、「しかし、

背を向けるやいなや自分たちでくすくす

笑いあって朝鮮女性たちをあざ笑う姿が

想像されないか。世界の♥家ということだ」

などの発言を吐き出した。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★