【実は結構ヤバい】噴火で国内死者1億人の可能性…九州の南方に活発的マグマ








 

巽教授は

「熱水プルームがあるということは、

地下にマグマがあるということ。

数年間調査を続け、マグマの規模や

場所を明らかにしたい」と話した。

鬼界カルデラは約7300年前に噴火を

起こし、九州南部の縄文文化を

滅ぼしたとされる。

巽教授によると、こうした超巨大噴火は

日本では過去12万年で10回発生。

実際に起これば国内で死者が最悪

約1億人と想定している。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161119-00000001-kobenext-sctch

一億人ってほとんじゃないか…

「これ大丈夫じゃないやつか!?」

どうもこの『熱水プルーム』というのが

観測されると下にマグマがあるのだとか

そして今回の観測地域は

鬼界カルデラ(きかいかるでら)』という場所。

なぜ九州のマグマで1億人もの被害が

予想されるのかそれぞれ調べてた。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★