【実は結構ヤバい】噴火で国内死者1億人の可能性…九州の南方に活発的マグマ




この姶良カルデラは地図で言うとこの部分

これなら皆さん分かりやすいのでは。

地図の下にある島は『桜島』

桜島は過去に何度も噴火を繰り返していることで

有名ですが、実はこの桜島は、姶良カルデラの

外輪山の一部が地上に出ているだけ。

本当に怖いのはむしろ姶良カルデラの方です。

姶良カルデラがどのくらい恐ろしいかというと、

なんと過去に姶良カルデラ大噴火によって

「四国より西の旧石器人を死滅させています」

吹き上げられた噴煙の柱は高度3万メートル。

半径70kmを灼熱の火砕流で覆い尽くしたと

言われています。

火山灰は偏西風の影響でなんと遥か遠くの遠く

地方まで飛びます。

火山灰は南九州で約30m 高知県宿毛で20m

鳥取大山付近で8m 京都4m 東京10cm

東北わずか

この程度まで降り積もったとされているので、

当然のことながら大阪京都より西、

そして九州はほぼ人類はおろか哺乳類なども

ほぼ全滅。

他にも日本のほとんどに健康被害を

もたらしたのです。

当然旧石器時代ですから火山灰を防いで

くれるような高機能マスクはありませんしね。

次ページに続きます。