【実は結構ヤバい】噴火で国内死者1億人の可能性…九州の南方に活発的マグマ




そして今回問題視されている『鬼界カルデラ』

これは姶良カルデラでいうところの桜島の様に、

竹島などを外輪山とする巨大噴火跡。

実は過去に鬼界カルデラは縄文時代に噴火し、

九州、四国の縄文人を死滅させている。

そんな”ヤバい”場所から今回活発的マグマである

『熱水プルーム』が観測されたのである。

すぐに、という訳ではなさそうだが、確実に

”生きている”カルデラと言える。

そして先ほど問題視した『海底カルデラ

何がそんなに危険なのかというと、水面下の

大規模カルデラ噴火は地球の酸素の約3分の1を

減らす可能性がある。と言われているのです。

つまり、鬼界カルデラの大噴火が万が一

起きた場合、世界規模で影響がある可能性がる。

ということなのです。

酸素濃度が低下すれば当然人体にも影響が出ますし、

作物や植物にも影響が出ます。

「火山灰さえなければ大丈夫。」

では済まされないのです。

もちろん火山灰も姶良カルデラ大噴火同様

日本全土に降り積もることになりますが…

この破局的噴火の周期は、約1万年に一度と

されています。

日本の縄文時代の歴史(鬼界カルデラ大噴火

によって九州の縄文人が死滅して

しまったことを考え)

は約1万5000年前から2300年前とされています。

つまり現代は周期である『1万年』に該当すると

いえます。

次ページに続きます。