【葬式】住職が「葬儀をやり直せ」と激怒 「直葬」で増える問題とは…








 

「市民葬儀相談センター」によると、

散骨を嫌がる家族も多く、代わりに

樹木葬が増えてきたという。

中でも

「ガーデニング型プレミアム樹木葬フラワージュ」

が人気だ。

琉球ガラスの骨壺に入れて花壇の下に

埋葬する。

フラワージュを販売する「松戸家」

(東京都小平市)によれば2年前に販売を

開始し、全体で1千霊位以上受注した。

ペットと入ることもできる。

平均価格は25万〜40万円。

最近は

「夫と同じ墓に入りたくないから」

と申し込む人もいるという。

 墓石を自宅に設置する「自宅墓」もある。

「かねみつ石匠」(岡山県笠岡市)の代表は

自身が父と母を送った後に、

「近くにいてほしいから」

と骨壺と墓石が合体した商品を開発。

人気は32×32×39センチサイズで、

高さ18センチの骨壺が入る。

仏壇とセット(税込み42万6千円)でも

販売している。自宅墓は、リビングルーム

などどこにでも置けるので、故人を

いつも近くに感じられる。

ただ、自宅の庭に設置となると、

墓地埋葬法に抵触する。

「墓石を自宅の庭に置く分には

 問題ないが、そこに遺骨が入っていれば

 NG。埋葬はできないのです」

(厚労省担当者)。

つまり遺骨が入った「自宅墓」は庭には置けない。

 実施回数はそう多くないが、

偏西風に乗って世界を何周もする

「バルーン宇宙葬」がある。

2〜2.5メートルの巨大な風船に遺灰を詰め、

地上35キロメートル付近の成層圏で拡散し、

自動的に散骨させる。空中を漂い、

自然に返るイメージだ。

「バルーン工房」(本部・宇都宮市)に

よると、6年間で200件ほど実施し、

生前予約者は80人ほど。

 墓じまいした女性が選んだ手元供養の

ダイヤモンドは遺骨の中に含まれる

炭素を取り出して作る合成のもので、

遺骨を全部使う。墓を持たずに、

遺骨の置き場に困っている人の需要に合う。

大切な人がいつもそばにいる感覚は強いだろう。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★