韓国が竹島撤退への決定的証拠を発見!いざ国際司法裁判所へ 竹島が韓国教科書に載ってない珍事








 

現在、韓国は官製パンフレットで

「わが民族誇りの地」

「先祖の魂をそっくりそのまま

 宿している、われわれの希望の

 拠り所」

などと、太古の昔から聖地だったかの

ように仰々しく崇めている。

同じ国の政府が認めた記述とは

思えない価値観の変貌ぶりだ。

 竹島問題に詳しい拓殖大学の

下條正男教授は

「韓国は当時、竹島を占拠して、

 自国領という捏造工作を進めていた。

 こういう(墓穴を掘ったような)

 資料はたくさんあり、この教科書も

 失敗作の1つだ。問題は、日本政府

 が適切に反論してこなかったこと。

 日本漁船が拿捕され、日本人漁師が

 抑留された背景もあったのだろう。

 ただ、国家主権では妥協しては

 ならない。韓国を論破する戦略・

 戦術を整えるべきだ」

と語っている。

引用元:

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150406/frn1504060830001-n1.htm



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★