文在寅の公式宣言を『安倍首相らが公然と無視する』末期的な事態に突入。身勝手な態度に米軍が怒り狂う








 

保守系紙の朝鮮日報がさっそくVOAの

この記事を長々と引用しました。

「ベル元駐韓米軍司令官『米国は韓国の

 承認なくして北朝鮮を攻撃できる』」

(8月23日、韓国語版)です。

朝鮮日報は最大手紙。

多くの韓国人がこれを読んで

「韓国の大統領が何と言おうと、米国は

 戦争が必要な時はさっさと始めるのだな」

と考えたことでしょう。

掲載後1週間で、287人もの読者がこの記事に

コメントを書き込みました。

ほとんどが

「元・在韓米軍司令官の言う通りだ。

 自分の国の安全保障を他国の判断に

 ゆだねるなんてあり得ない」

「我々の同意なしに戦争はないだって?

 そんな純粋無垢な主張をするなんて

 恥ずかしい」

など、文在寅大統領への批判でした。

石器時代に戻すぞ

大統領の演説は逆効果になりましたね。

鈴置:完全な藪蛇です。

   国民を安心させるどころか不安に

   させました。記事への書き込みには

   「米国に向け飛んでいくミサイルは

    韓国が落として当然なのに。

    5年後には韓国という国は

    なくなっているかもしれない」

   と米韓同盟消滅を憂慮する声もありました。

・米国が(北朝鮮の威嚇に)激怒する今、

 米国が受ける脅威に無神経だったり

 (「米朝双方が悪い」という)両非論を

 取れば、同盟の信頼性の問題は思った以上に

 深刻になる。
・歴史的に米国は自ら危機が差し迫っていると

 認識すれば、行き過ぎた反応を見せた。

 米国優先を前面に出すトランプ(Donald Trump)

 政権下で、その可能性はさらに大きくなった。

「行き過ぎた反応」で思い出すのは「9・11」

(米同時テロ)の直後「米国に逆らって

(対テロ戦争に協力しなければ)空爆で

石器時代に戻すぞ」とパキスタンを脅した

アーミテージ(Richard L. Armitage)

米国務副長官(当時)の言葉です。

HUFF POSTの「Exclusive: CIA phone

tap of Armitage’s “Stone Age” threat

to Pakistan!」で読めます。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★