文在寅の公式宣言を『安倍首相らが公然と無視する』末期的な事態に突入。身勝手な態度に米軍が怒り狂う




同盟国らしい対応を

「石器時代」ですか。

鈴置:「9・11」の時ほどではありませんが、

   米国はいらだちを強めています。

   北朝鮮は

   「米国が核と制裁を振り回せば、

    本土が想像もつかぬ火海になる」(8月6日)、

   「グアムを包囲射撃する作戦計画を慎重に検討」

   (8月9日)などと威嚇しました。

   「その直後に韓国が中立を宣言すれば、

    米国はどう思うか」

   と魏聖洛教授は国民に問いかけたのです。

   韓国はTHAADの追加配備も渋りました。

   そんな無神経さが米国の

   「韓国切り捨て」につながりかねないと

   魏聖洛教授は警告したうえ、とるべき道を説きます。

韓国の外交専門家からも大統領の

「不用意な発言」を懸念する声があがりました。

外交官出身の魏聖洛(ウィ・ソンラク)

ソウル大学客員教授が中央日報に

「類を見ない危機の中で対米外交を考える」

(8月23日、日本語版)を寄稿しました。

要点をまとめます。

・相互防衛条約に従って韓国の対米支援の義務が

 発動される可能性がある。米国内で対韓防衛の

 見直しや、半島をめぐる新たな安保構図の議論を

 あおる可能性もある。
・米国が直面した脅威に積極的に共感し、

 同盟らしい対応を取る準備を継続する必要がある。
・これは決定的な瞬間に米国を説得する資産になる。

 その後、静かな外交で米国に節制された対応を

 呼びかけるのが現実的だ。

説得力がありますね。

鈴置:そう思います。今、韓国が何と言おうと

   米国の強腰を制止するのは難しい。

   それどころか「中立宣言」は戦争を

   呼びかねません。

   それにより北朝鮮に対する外交的な圧力が

   弱まれば、米国が軍事的な手段を選ぶ可能性が

   増すからです。

   米韓関係も悪化し、同盟打ち切りも

   あり得ます。

   文在寅大統領の中立宣言は韓国の国益を

   大きく損ないかねません。

北朝鮮の顔色を見た?

なぜ、そんな演説をしたのでしょう。

鈴置:この謎を解くカギがあります。

   北朝鮮の顔色を見ながら「中立」を

   宣言したとすると、すべてつじつまが合うのです。

次ページに続きます。